未分類

足や太もも、ふくらはぎも汗をかく!

中学生の頃テニス部に所属しており、その頃の悩みは足の裏のにおいが一人だけクサいということでした。

部室に置いている靴のにおいの原因が自分だということを友達に知られたくなくて、必死にスプレーをかけていました。

今考えると、みんなスポーツをして汗をかいていたので、自分だけではなく、みんなそれなりに靴のにおいはあったと思うのですが、その頃はなんとかしなければという焦りと恥ずかしさでいっぱいだったように思います。

靴を洗っても洗ってもにおいは取れず、思春期の私は毎日お風呂で足の裏が痛くなるまで擦り洗いをしていました。

ある日、足の角質とりのパックをしたところ、少しにおいが軽減したような感じがしました。どんなに一生懸命洗っても、においや汚れが染み付いていたのだと思います。

それからは、大人になった今でも、定期的に角質は落とすように心がけています。

一般的に、汗がでるというと、脇や手汗、足の裏の汗、顔の額からでる汗が多いかと思いますが、太ももやふくらはぎの裏から出る汗もあるんです。

どのくらいかといいますと、車の運転中に太ももやふくらはぎからでた汗が、足首まで垂れ流れるのです。これは、洋服も汗で汚れてしまうので、お尻から膝裏までにタオルを敷いて運転することで、汗被害を解消しています。

こういった汗には、臭いがないように感じます。また、汗自体もサラサラしていて乾いてもべた付くことはなくサラッとしているように思います。

汗がでないように、デオドラントスプレーを汗の出る部分にたっぷりかけたこともありましたが、わたしにはあまり効果は感じられませんでした。

ただ、パウダーいりのスプレーだといつもよりサラッとしていたようにも感じますが、汗が出にくくなったりという効果はなかったように感じます。

パウダー入りのクリームタイプの制汗剤だとなおグッド!クリームタイプはまんべんなく塗れるので、しっかり汗を抑えてサラサラ効果を実感しやすいです。例)アセッテナイ

あと、スプレーをすることで、心なしか臭いがいい匂いになったような気もしましたが、こんなに汗がでても1シーズンでスプレーを1本使い切ったことは1度もありません。

やはり出た汗をタオルでふいたり、身につけている物を交換することで、他人が嫌がる臭いはおおむね解消されるのではないでしょうか。

Categories:
未分類
You Might Also Like